鹿児島市×ソトコト「かごコトアカデミー(全5回)」二次募集受付中!(東京開催)

2019.09.06

鹿児島市と「かごコトアカデミー」について

鹿児島県鹿児島市は、錦江湾沿いに位置する人口約60万人の中核都市です。 桜島が宿すエネルギーを受けて育まれた、おおらかで温かい雰囲気を持つこのまちには、古くから受け継がれた独自の文化と歴史が息づいています。都市機能が集積しながらも、郊外に行けば自然に包まれており、豊かな地域資源を備えています。

かごコトアカデミーは、鹿児島市が持つ地域資源や、今、若者を中心にまちで起き始めている新たなムーブメントなどを知っていただきながら、鹿児島市のことを“ジブンゴト”として関わりを見出すきっかけとしていただきたく開講するものです。

講座のほか、市内フィールドワークなどを通して、地元のプレーヤーとつながり、「こんな方法で鹿児島市の魅力を再編集したい」、「鹿児島市で自分のスキル・アイデアを生かしてみたい」、「毎年、この時期は鹿児島市の人たちとふれあいたい」といった、自分らしい関わり方を模索していただきます。 人と人のつながりの中で、鹿児島市との新たな関わり方を探してみませんか。

講座開催日時等

月日 会場
第1回 9月21日(土曜日)10時30分~15時30分 モラルテックス・ラボ(千代田区)
第2回 10月20日(日曜日)13時30分~17時00分 モラルテックス・ラボ(千代田区)
第3回 11月2日(土曜日)~4日(月曜日・祝日) 鹿児島市内(フィールドワーク)
第4回 12月1日(日曜日)13時30分~17時00分 モラルテックス・ラボ(千代田区)
第5回 1月19日(日曜日)13時30分~17時30分 モラルテックス・ラボ(千代田区)

対象者および参加条件等

○鹿児島市における地域づくり、コミュニティ・ビジネスなどに関心がある方で、 市内でのフィールドワーク(2泊3日)を含む8割以上の講座に参加可能(うち、フィールドワーク・最終発表への参加は必須)である社会人、大学生の方。

○PCスキル及びインターネット環境のある方。

募集人数

10人程度

受講料    

20,000円                                    (講座受講費、フィールドワーク受講費、フィールドワーク宿泊費を含む)           ※詳しくはウェブサイトで公開している募集要項をご覧ください。

募集締切 

9月17日(火)

講師・メンター

指出一正氏

メイン講師:指出 一正

雑誌「ソトコト」編集長   株式会社sotokoto online代表取締役

月刊『ソトコト』編集長。1969年群馬県生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。雑誌『Outdoor』編集部、『Rod and Reel』編集長を経て、現職。島根県「しまコトアカデミー」メイン講師、静岡県「『地域のお店』デザイン表彰」審査委員長、奈良県「奥大和アカデミー」メイン講師、奈良県下北山村「奈良・下北山 むらコトアカデミー」メイン講師、福井県大野市「越前おおの みずコトアカデミー」メイン講師、和歌山県田辺市「たなコトアカデミー」メイン講師、高知県・津野町「地域の編集学校 四万十川源流点校」メイン講師、岡山県真庭市政策アドバイザーをはじめ、地域のプロジェクトに多く携わる。内閣官房まち・ひと・しごと創生本部「わくわく地方生活実現会議」委員。内閣官房「水循環の推進に関する有識者会議」委員。環境省「SDGs人材育成研修事業検討委員会」委員。内閣官房まち・ひと・しごと創生本部「人材組織の育成・関係人口に関する検討会」委員。国土交通省「ライフスタイルの多様化等に関する懇談会」委員。著書に『ぼくらは地方で幸せを見つける』(ポプラ新書)。趣味はフライフィッシング。

永山由高氏

メンター:永山 由高

一般社団法人鹿児島天文館総合研究所Ten-Lab理事長

1983年生まれ 日置市東市来町出身 東市来中学校、鶴丸高校、九州大学法学部法政策学科卒業。2006年日本政策投資銀行入行。2009年帰郷し鹿児島市にてNPO活動従事。2011年一般社団法人鹿児島天文館総合研究所Ten-Labを設立。理事長に就任。現在は株式会社ecommit 取締役 経営戦略部長としてベンチャー経営にもかかわりながら、南九州移住ドラフト会議の鹿児島リーグコミッショナー、鹿児島県エアギター協会の会長など「鹿児島に対話と挑戦の文化をつくる」をミッションに、あれこれおもしろいことを画策している。

募集要項や申込方法など詳細は、かごコトアカデミー案内ページ(外部サイトへリンク)でお知らせしています。

お問い合わせ

事務局(株式会社シーズ総合政策研究所)
電話: 080-1638-0945 (谷口) 
E-mail:kagokoto@csri.jp

主催

鹿児島市

ページトップへ