霧島市

  • TOPICS
  • EVENT(移住関連)
  • EVENT(その他)

ちょっと贅沢な田舎暮らしを味わえます

霧島市は、国際空港や高速道路、鉄道などの交通の利便性に優れ、北部には風光明媚な霧島連山を有し、南部は広大な平野部が広がります。また、豊かな自然・歴史、豊富な温泉などの地域資源や黒牛・黒豚・黒酢・芋焼酎・茶などの特産品に恵まれており、毎年国内外から約770万人の観光客が訪れます。世界的な企業も数多く集まり、農業、観光、商業、工業が調和したまちです。

交通アクセス

マップ
空港からのアクセス
鹿児島空港立地市、市内各所から30分圏内(鹿児島空港まで大阪から約1時間10分、東京から約1時間40分)
自動車
鹿児島市内から40分(高速道路利用 溝辺鹿児島空港IC~鹿児島北IC)

MAP

相談窓口

企画部地域政策課

電話
0995-64-0952
メール
t-seisaku@city-kirishima.jp
ウェブサイト
http://www.city-kirishima.jp/hisyokouhou/shise/ijuteju/index.html

基本データ

  • くらし
  • 気候
  • 各種機関
  • 産業・特産
  • 観光
  • その他

霧島市のくらし

子育て環境
保育所、小・中学校、高校、大学までを市内に有しており、さまざまな子育て支援サービスを提供しています。
医療環境
市内には、内科、外科、産科など多くの医療機関や介護・福祉施設があり、十分な医療環境となっています。ただし、小児科は少ない状況です。
買物環境
中心市街地には、デパートや大型ショッピングモールがあり市内各所から車で30~40分圏内。周辺部は、商店や産直の物産館などがあり日常生活には困りません。
交通環境
主な交通手段は自家用車となります。市内の主要箇所へは、路線バスやコミュニティバスなどでアクセス可能です。ただし、大都会ほど便数は多くありません。

霧島市の気候

気温
年間気温16.7度、年間最高気温21.7度、年間最低気温12.2度
平均年間降水量
年間降水量3474ミリメートル

霧島市の各種機関

主な公共機関
総合体育館、野球場、陸上競技場、文化会館、市民プール(温水プール)、音楽ホール、歴史資料館、図書館、児童公園、温泉センター
管内の公共交通機関
JR、民間路線バス、旧市町単位での巡回バス
医療機関
病院:15、診療所:106、歯科診療所:61、※救急病院は6施設
教育機関
小学校:35、中学校:14、高校:6、高専:1、短大:1、大学:1

霧島市の産業・特産

主な産業
卸売業、小売業、宿泊業、飲食業、建設業、医療・福祉、製造業
主な特産品
関平鉱泉水、黒牛、黒豚、黒さつま鶏、霧島茶、福山黒酢、ブルーベリー加工品、すず器、隼人の伝統工芸品

霧島市の観光

霧島連山(霧島錦江湾国立公園)

霧島市
昭和9年に日本で最初の国立公園として指定され、世界的にも貴重な、活きた自然の息吹を体感できます。最高峰の韓国岳をはじめ、天孫降臨の神話で知られる霊峰・高千穂峰など、20数座からなり、四季折々の大自然を堪能できる大地の公園は世界ジオパーク認定を目指す。

霧島神宮

霧島市
建国神話の主人公であるニニギノミコトが祀られている古社。現在の社殿は、第4代薩摩藩主島津吉貴公に、1715年に建立、寄進されたものです。

嘉例川駅

霧島市
平成29年12月に、後世に残したい「日本の20世紀遺産20選」として国際記念物遺産会議(イコモス)の国内委員により選ばれた、『肥薩線』の沿線駅で、大隅横川駅と並び県内で最も古い木造の駅舎。明治36年に開業し、110余年の歳月を刻んできました。今は、無人駅ですが、木造の味わい深い駅舎は見物者が後を絶ちません。

その他

人口
126,047人
面積
603.18㎡
インターネット接続環境
光回線(国分隼人の平野部)、ADSL、ISDN、CATV(国分隼人の平野部と溝辺)

移住支援策

移住支援活動団体

  • 移住者の声
  • 移住体験

おすすめライフスタイル

担当者から一言

おじゃんせ!!(いらっしゃい)霧島 飛行機をおりたら、そこは霧島市!!

ご当地キャラ

茶ノミコトくん

最短で東京から100分、大阪からは70分。都会から遠いようで近い。また、日本初の国立公園である霧島連山は、平成22年9月に日本ジオパークに認定されました。雄大な自然、歴史と伝統、豊富な温泉。ふれてみませんか!?「霧島の魅力」に…。

ページトップへ