鹿児島市 – 川原 英治さん

2008.06.01

福岡県からIターン

住所 鹿児島市西千石町
移住した年月 2008年6月
移住前の住所 福岡市早良区(佐賀県出身)
家族構成 妻、子供1人
仕事 公益財団法人ネイチャリング財団
kawahara.jpg

移住した理由

私は、IT企業に勤務しており、全国規模で動き回る「転勤族」でした。そのために、どこかで落ち着いて働きたい、生活したいという気持ちを持っていましたが、次の2点が決め手になり、鹿児島に移住しました。

  • 1点目は、鹿児島には転勤で20代と40代で併せて6年半、働いた経験があり、チャンスがあればこれまでと全く違う仕事で、鹿児島のために少しでも役に立ちたいと思う仕事を探していたところ。今の職場に求人があり、自分の思いを叶えるために応募して決めました。
  • 2点目は、妻が鹿児島出身であり、義父の介護の問題が出てきたために、家族が一緒に暮らすためには、転勤のない仕事に就く必要があり、鹿児島定住を決めました。

移住してよかったこと

  • 家族、特に子供が小学高学年になり、教育のために、転校せずに定着できたこと。
  • IT関係の仕事は、体力や精神面でも大変な仕事であったが、その困難から開放され良い環境で仕事に従事できたこと。
  • 桜島が好きで、桜島を見ながら、ウォーキングができ、ゆとりある生活が出来ること。
    また、いも焼酎をはじめ、素晴らしい食材に何時でも恵まれていること。

移住を考えている人へのアドバイス等

  • 自分で定住したい地域で、自分に合った仕事を探すためには、出来るだけ情報収集を怠らないこと。
  • そのために、常に友人や仕事関係で培ったネットワークでアンテナを張っておくことが大事だと思う。
  • 都市圏から、あるいは転勤族から鹿児島に移住する場合は、収入面ではダウンするので、家族、特に奥さんの経済的な面での理解を得ておくことが大事です。
    (カルチャーギャップを受けないために)

ページトップへ