鹿児島市 – 本名 一竹さん

2011.11.01

滋賀県からIターン

住所 鹿児島県鹿児島郡十島村宝島
移住した年月 2011年11月
移住前の住所 滋賀県大津市
家族構成 妻,子
ブログ・HP  
DSC03260.jpg

移住した理由

移住した最大の理由は滋賀県は寒かったことです。

自分はとにかく寒いのが苦手で、南国へ行きたいという願望がありました。ただ、沖縄のような移住者が多いところではなく、移住者がほとんど居ないようなところがいいと思い鹿児島の離島に決めました。

そこで、鹿児島の島々を調べているうちに、「宝島」という名前を見つけ、ここだ!と思い移住をしました。決め手は、名前です。ですので、移住を希望した時には宝島に空き住宅がなく、トカラ列島の他の島を役場などから勧められたりもしたのですが、どうしても宝島が良かったので、空き住宅が出るまで待ちました。

移住できそうという情報が入ってからすぐに会社を辞め、移住しました。

移住してよかったこと

移住して一番良かったことは、家族の時間がしっかりと確保できることです。

移住した目的の一つに、子どもの成長過程のイベントを全部見るということがありました。はじめて寝返りをうった時、ハイハイした時、歩いた時、喋った時などなど……。これらを父親としてすべて見られるということは、滋賀で会社員をしていた時には考えられないことでした。とても貴重な経験をさせてもらいました。

また、住所欄に「宝島」と書けることが嬉しいですね。

移住を考えている人へのアドバイス等

一番不思議に思われることが多いのが「仕事はあるのか」ということです。

移住前は、誰に聞いても(島民の方に聞いても)仕事が無いと聞きました。ところが、移住したらあるんです。そこかしこに、仕事になることがありました。都市部から移住すると、小さな仕事の種がたくさん転がっているのが見えるのですが、意外に住んでいる方は気がつかないのだなと思います。人口120人の小さな小さな島、それも鹿児島から13時間もかかるような離島にも仕事はあるわけですから、日本中どこへ移住したって仕事はあるんだと思います。

情報収集時の「仕事はないよ」は、自分の目で見て判断すべきだと思います。

ページトップへ