曽於市 – 堀口 量美さん

2010.11.01

大阪よりUターン

住所 鹿児島県曽於市財部町
移住した年月 2010年11月1日
移住前の住所 東大阪市若岩田
家族構成
horiguti.jpg

移住した理由

私達は30年前に財部町の宅地分譲を購入し、在宅建設が条件となっていたので、その後、住宅を建設し、地元の人に賃貸していました。

東大阪で、子供達が一緒に住まないということになったので、所有していた住宅もあったので、田舎でゆっくり、のんびり暮らすために、昨年(平成22年)11月始めに妻の故郷である財部町に帰ってきました。(私も、末吉町の出身である)

移住してよかったこと

まず、大阪と比べて、静かで空気が良いなど自然環境がとても良い。老後をゆっくり、のんびりと暮らせる。良く寝れるので健康にも、とても良い!

故郷には叔父・叔母や、その子供達がおり、親戚付き合いもでき、また、出身者なので、近所との付き合いも問題がなく、都会では、とても考えられないほど誰でも挨拶をしてくれるので、安心して生活できる。

生活面でも、市場は近くにあり、買い物等の面でも不自由は感じてない。また、経済的には、大阪より安くで生活できる。土地もあるので、ちょっとした野菜作りなど、時間も有効に使える。

医療面でも、近くに病院があり、不安は感じていない。
大阪等にいる子供も良く帰ってきてくれる。

移住を考えている人へのアドバイス等

移住するということになると、土地や住宅をまず心配する方が多いと思うが、鹿児島県の地方では、結構、土地や空き屋がある。まず、この情報を得ることが大事だと思う。U・Iターン者を募集している市町村が情報を持っているので、情報収集すると良い条件を得やすいと思う。捜すと市営住宅も結構、空き部屋がある。

近所付き合いが気になるという人もいると思うが、田舎の人は都会と違い親しみやすい。子供達は、誰とも良く挨拶をしてくれるなど、心配はいらないと思う。溶け込もうとする自分の気持ちが大事だと思う。

鹿児島は、関西とは飛行機や新幹線も整備されたので、行き来しやすくなり、交通面でも問題はなく、便利が良くなっている。

ページトップへ