西之表市 – 植村 義樹さん

2010.12.01

東京からIターン

住所 西之表市
移住した年月 2010年12月
移住前の住所 東京
家族構成 単身
仕事 種子島共同ファーム株式会社
uemura.jpg

移住した理由

東京にいた頃から、沖縄や鹿児島の離島マラソン大会に参加していて離島って凄く良いなぁと憧れを持ちました。

それから東京での仕事や暮らしの中、自分の時間が少なく、残りの人生の中で「お金と時間、どっちが大事なんだ」と、自問自答したときに、「時間」を選びました。そして出版会社を退職したのを、きっかけに離島へ移住しようと思いました。

しかし、離島に住んでみたいけれど、不便過ぎるのは嫌で、ある程度の生活の便利さなど条件を絞ってアイランダーなどに参加して探していき、鹿児島に近い、種子島が良いと思い種子島に決めました。また、福岡出身で、九州文化圏が馴染みがあったこともあります。

移住してよかったこと

現在、出版会社から農業という、まったくジャンルの違う仕事について、大変ではありますが、前と比べれば、時間に余裕が出来ました。

それこそ、今まで星座に興味がなかったのに、たまたま島間で星を見た時に星座盤を見ているような夜空の綺麗さに、感動し、思わず星座の図鑑を買っていました。図鑑片手に、星を見ながら探してみたりと、時間が出来た分、気持ちに余裕ができて、元々あったけど見えなかったものが見えるようになってきたと感じます。

また、最初の頃は、島って退屈なのかなと不安に思っていたんですが、同じ日に幾つものイベントが重なっていたりする位、地域や島全体としてイベント・行事が多く、あっというまに1年が過ぎていました。

移住を考えている人へのアドバイス等

住んでから結構大変だったのが、虫に慣れていなかったことだったので、虫などに慣れることも必要だと思います。

また、都会と比べて収入に差が出て、不満に思う方もいらっしゃると思います。

私自身、今は「時間」という価値観が大事と思い、行動しています。その一つとして、種子島は、他の島にはない特徴としてロケットの打ち上げもあり、地元の人達以外にも、イベント目的で来られた方とも親しくなれて交流の輪が広がりました。色々な経験・交流に興味を持つことも大事なことと思います。

ページトップへ