西之表市 – 升本 小津枝さん

2010.04.01

沖縄県からIターン

住所 種子島(鹿児島県西之表市)
移住した年月 2010年4月
移住前の住所 沖縄県
家族構成 夫、犬2匹
仕事 民宿「流れ星」HP
nagarebosi.jpg

移住した理由

沖縄に移住し、20年以上海のレジャーの仕事をしていきました。今後は離島でスポーツ合宿のできる宿をしながら、のんびり暮らそうと、島探しをしました。

そして出会ったので種子島でした。豊かな自然、美しい海、整った道路網、アクセスの良さ、一目ぼれして、この島に決めました。

特に主人はサーフィンが好きで、この海に惚れました。この島でスポーツを主として、合宿やイベントが起こせたらと移住を決めました。

移住してよかったこと

移住に際しても、積極的に受け入れていただき、住居もすんなりと決まりました。地域の方々にも親切にしていただき、何の不自由もなくスタートできました。

現在、民宿を立ち上げることができ、夢の一歩を踏み出すことができました。地域の方が、たくさんのお客様をご紹介して下さり、宿の方も順調に動き始めました。

また、夢の二歩目のスポーツイベントも、同じ夢を持つ人たちと出会い、計画を進めているところです。人が動き、地域が動き、島の活性化に少しでも役に立てれば、移住してきて良かったと思います。

移住を考えている人へのアドバイス等

住居においては、市が積極的に受け入れ体制を行ってくださいます。また2件の不動産屋がありますから、住まいに関しては問題ないと思います。

仕事は、パートを含め何らかの仕事はあります。私も県の出先にパートを見つけました。ただ年齢的に60歳を超えると見つけるのは難しいと思います。でも、季節的に農業従事の仕事はあると思います。

地域の方々とは受身の姿勢ではなく、移住者が積極的に地域に入ることが、島になじむポイントだと思います。排他的なことはない島です。

ページトップへ