奄美市 – 久野 眞澄さん

2004.05.01

北海道からIターン

住所 奄美市
移住した年月 2004年5月
移住前の住所 北海道
家族構成 夫婦
ブログ・HP  
hisano.jpg

移住した理由

北海道の旭川に生まれ、高校まで過ごし、その後、札幌の看護短大を卒業し、聖母会天使病院で助産師として24年間、保健師として2年間、勤務していました。

50歳を迎えるに当たり、病院生活を卒業し、桶谷式母乳育児相談室の開業を考えていたところ、テレビドラマの「Dr.コトー」に心ひかれ、以前友人達と遊びに訪れた奄美大島での生活を決意しました。

奄美大島には聖母会奄美の園(特別養護老人ホーム)があり、天使病院でお世話になった修道女がいらして、色々とサポートしていただき大変、心強かったです。開業準備をしながら、奄美の園でのボランティア活動をはじめ、島の人々の温かさや珊瑚礁に囲まれた碧い海「島の宝」に触れ、すっかり奄美が大好きになりました。

そして、趣味のテニスを再開し、そこで夫と出会い結婚!!1年の予定でやって来た奄美に定住することになりました。現在、町の保健師として今までの経験を活かし、地域に根ざした仕事ができるように努力中です。

移住してよかったこと

長年住み慣れた場所から、心機一転、環境を変えたことで幅広い可能性に出会え、人生がより豊かになったこと。札幌では味わうことのできない、島の伝統文化・行事にふれ、旧暦にそい、毎月毎月イベントがあり、変化のある暮らしを楽しむことができること。
ここに居るだけで、自然の恵みを頂き、癒されていることを実感!

移住を考えている人へのアドバイス等

島の暮らしは支え合いが大切なので干渉されたくないと思っている人は難しいかなぁ・・・?自分から積極的にかかわりを求めていくことで、与えられるものが多く充実してゆくと思います。
家賃は思いの外、高いので要注意です。一度、奄美に来て、人・自然・文化など奄美の魅力をご自分で体験してから奄美への移住を実現してみてください。

ページトップへ