海の近くで暮らしたい

与論町

与論町

鹿児島県の最南端、鹿児島県と沖縄県との県境にある与論島。与論町は、美しい自然を護り、独特の生活文化を育んできた一島一町の町です。与論島は琉球石灰岩の上に亜熱帯植物が茂り、真っ白なしぶきを浴びる珊瑚礁に囲まれ、山岳や河川のない平らな島です。平均気温23度と温暖な亜熱帯気候で、色鮮やかな花々が咲き乱れ、また島を囲む珊瑚礁の海は神秘に満ちあふれています。

詳しくはこちら

知名町

知名町

奄美群島にある沖永良部島の南西部に位置する知名町は、豊かな自然と琉球文化が色濃く残り、うるおいとやすらぎのあるまちです。農業が基幹産業で、サトウキビ、百合球根、葉たばこをはじめ、施設園芸や花卉栽培も盛んに行われています。

詳しくはこちら

和泊町

和泊町

和泊町は、鹿児島市より南南西540kmに浮かぶ沖永良部島の北東部に位置し、平均気温22°Cの亜熱帯気候に属します。隆起さんご礁でおおわれた平坦な地形で、中央に古成層からなる越山があるのみで耕地に恵まれています。産業は、温暖な気候と恵まれた耕地を活かした農業が中心で、特に花卉栽培が盛んな町として知られており、農業生産額においても県下で上位に位置しています。

詳しくはこちら

伊仙町

伊仙町

伊仙町は、鹿児島の南方500kmに位置する徳之島の最南端に位置する町で、「子は宝」という地域に根づく価値観と「親(祖先)を拝んでから神を拝みなさい」という強い先祖崇拝が相まって、合計特殊出生率全国一位と高い百寿率(人口10,000人当たりの100歳以上の方の数)を誇る、正真正銘の「長寿と子宝のまち」です。1年中咲き乱れるハイビスカスやブーゲンビリアに囲まれて、島時間に身をゆだねてみませんか?

詳しくはこちら

天城町

天城町

天城町は、奄美群島の徳之島にある3町のうちの1町で、空港と港の両方がある便利な町です。亜熱帯性気候をいかしたサトウキビ栽培を中心に、バレイショ、マンゴー、パッションフルーツ等の園芸が盛んなほか、トライアスロンIN徳之島大会でも知られ、別名「鉄人たちの島」ともいわれています。また、世界自然遺産登録候補地であり、豊かな自然とともに紡いできた伝統文化が息づくまちです。

詳しくはこちら

徳之島町

徳之島町

九州と沖縄の中間、奄美群島のひとつ徳之島。九州・沖縄とは違った独自の文化が息づき、集落行事も盛んです。島の言葉「島口」や島口で歌われている「島唄」など、伝統を子ども達に受け継ぐ取り組みも行われており、文化・歴史・ひとの魅力あるまちです。希少な動植物が生息し、豊かな自然に恵まれた島は、2020年の世界自然遺産登録を目指しています。

詳しくはこちら

喜界町

喜界町

「いちゃりば~、ひんにゃそ~で~(出会ったら、皆な兄弟という喜界島の方言)」人情味豊かな喜界町(島)は周囲約50キロの平坦な島。年間平均約2ミリずつ隆起していて、その隆起速度は世界でも類を見ない速さだといわれます。また、自然食ブームの中にあって在来の柑橘類も豊富で、生産量日本一の白ゴマも人気が沸騰。渡り蝶「アサギマダラ」の飛来地としても、国内外で有名です。

詳しくはこちら

龍郷町

龍郷町

龍郷町は、鹿児島県と沖縄県のほぼ中間である洋上に浮かぶ奄美大島本島の北部に位置し、東シナ海と太平洋に囲まれた町です。奄美の貴重な動植物を観察できる「奄美自然観察の森」をはじめとして、奄美固有の自然に恵まれています。また、伝統産業である大島紬の代表的な柄である「龍郷柄」「秋名バラ」発祥の地であることや、西郷隆盛が潜居生活を送った西郷南洲流諦跡などもあり、歴史と伝統文化が息づく町でもあります。

詳しくはこちら

瀬戸内町

瀬戸内町

奄美大島の南西端部と加計呂麻島・請島・与路島からなる瀬戸内町は、世界でも希有な美しい海を誇り、色鮮やかなサンゴ礁、満天の星、希少生物を見る事ができます。また、島唄や諸鈍シバヤなどの貴重な民俗文化が継承され、島の風景やサンゴの石垣は多くのメディアにも取り上げられております。さらに、島の周辺には、シーカヤックやダイビング、大物が釣れるポイントが多数存在するマリンレジャーに最適な場所です。

詳しくはこちら

大和村

大和村

海岸線に点在する11の集落からなる大和村。目の前に海、背後には山が広がり、豊かな自然に囲まれて生活を送ることができます。大河ドラマ「西郷どん」のロケ地に選ばれた景勝地「宮古崎」をはじめ、素晴らしい景色がすぐそばにあります。また伝統文化が色濃く残り、地域行事が重んじられています。島内中心地まで車で20~40分の通勤圏内という好立地も魅力の一つです。

詳しくはこちら

1 / 3123

ページトップへ