海の近くで暮らしたい

十島村

十島村

トカラ列島と呼ばれる十島村は、有人7島と無人5島で構成される多島一村。最北の口之島から最南の宝島までの距離が130kmに及び、人が住む地域では日本一長い村。琉球文化と大和文化の接点であり、悪石島の「仮面神ボゼ」に代表される独特な文化も有します。畜産や漁業、農業が主な産業であり、近年Iターンの若い世代と住民とが協力し合いながら生活しています。

詳しくはこちら

三島村

三島村

三島村は、薩摩半島から南へ約40キロの洋上に点在する竹島、硫黄島、黒島の3島からなります。交通手段は主に村営定期船とセスナ機です。竹島は平坦な島で、その名のとおり島全体が竹に覆われた畜産の盛んな島。硫黄島は、温泉、椿、つつじの原生林や野生の孔雀が島内を闊歩する火山島。黒島は標高500m級の山々がそびえ、森林と大名竹に覆われた自然豊かな、畜産の盛んな島です。

詳しくはこちら

いちき串木野市

いちき串木野市

本市は、薩摩半島北西部東シナ海に面し、幕末・明治期に近代日本の礎を築いた薩摩藩英国留学生渡欧の地です。豊かな歴史、様々な恵みをもたらす海、焼酎やさつまあげなどの地元産品、温暖な気候で育つポンカン、サワーポメロといった農産物など、特色ある資源を有しています。また、南九州西回り自動車道の2つのインターと3つの駅(JR)があり、近隣地とのアクセスもよいまちです。

詳しくはこちら

日置市

日置市

本市は、鹿児島県の中西部に位置し、東は県都鹿児島市に、西は日本三大砂丘・吹上浜が広がる東シナ海に面しています。本市の東西にはJR鹿児島本線や九州新幹線が走り、国道3号と270号を基幹道路として、南九州西回り自動車道のインターチェンジ(IC)を有します。このような地理的な優位性や交通の利便性を最大限に生かしながら、産業の振興を図り、定住人口を増やしていきます。

詳しくはこちら

鹿児島市

鹿児島市

雄大な桜島と波静かな錦江湾を、市街地の目の前に抱く鹿児島市。島津氏の城下町として栄え、西郷隆盛・大久保利通を筆頭に幾多の人物を輩出した豊かな歴史があります。また、市内のいたるところで湧き出る温泉や、郷土料理、芋焼酎など、観光資源も豊富です。60万市民の生活を支え、来街者を楽しませる多様な都市機能が集積する、南九州の中核都市として発展を続けています。

詳しくはこちら

3 / 3123

ページトップへ