スキューバダイビング

与論町

与論町

鹿児島県の最南端、鹿児島県と沖縄県との県境にある与論島。与論町は、美しい自然を護り、独特の生活文化を育んできた一島一町の町です。与論島は琉球石灰岩の上に亜熱帯植物が茂り、真っ白なしぶきを浴びる珊瑚礁に囲まれ、山岳や河川のない平らな島です。 平均気温23 度と温暖な亜熱帯気候で、色鮮やかな花々が咲き乱れ、また島を囲む珊瑚礁の海は神秘に満ちあふれています。

詳しくはこちら

知名町

知名町

奄美群島にある沖永良部島の南西部に位置する知名町は、豊かな自然と琉球文化が色濃く残る、うるおいとやすらぎのあるまちです。農業が基幹産業で、サトウキビ、百合球根、葉たばこをはじめ、近年は施設園芸や花卉栽培も盛んに行われています。

詳しくはこちら

和泊町

和泊町

和泊町は、鹿児島市より南南西540km に浮かぶ沖永良部島の東北部に位置し、平均気温22℃の亜熱帯気候に属します。隆起さんご礁でおおわれた平坦な地形で、中央に古成層からなる越山があるのみで耕地に恵まれています。産業は、温暖な気候と恵まれた耕地を活かした農業が中心で、特に花卉栽培が盛んな町として知られており、農業生産額においても県下で上位に位置しています。

詳しくはこちら

伊仙町

伊仙町

徳之島の南に位置する伊仙町は、豊かな自然に恵まれ、平均気温21.5 度と四季を通じて温暖な島です。主な産業は農業で、さとうきびが基幹作物となっています。長寿世界一を2人も輩出するなど長寿の島として、また子宝の島として「健康長寿・子宝」を基本理念としたまちづくりを推進。誰もが行ってみたい・住んでみたいと思う、心の癒しが得られるもてなしの町をめざしています。

詳しくはこちら

喜界町

喜界町

「いちゃりば~、ひんにゃそ~で~(出会ったら、皆な兄弟という喜界島の方言)」人情味豊かな喜界町(島)は周囲約50 キロの平坦な島。年間約2 ミリずつ隆起していて、その隆起速度は世界でも類を見ない速さだといわれます。また、自然食ブームの中にあって在来の柑橘類も豊富で、生産量日本一の白ゴマも人気が沸騰。渡り蝶「アサギマダラ」の飛来地としても、国内外で有名です。

詳しくはこちら

龍郷町

龍郷町

国立公園に指定された龍郷町は、鹿児島県と沖縄県のほぼ中間である洋上に浮かぶ奄美大島本島の北部に位置し、東シナ海と太平洋に囲まれた町です。奄美の貴重な動植物を観察できる「奄美自然観察の森」をはじめとして、奄美固有の自然に恵まれています。また、伝統産業である大島紬発祥の地であることや、西郷隆盛が潜居生活を送った西郷南洲流謫跡などもあり、歴史と伝統文化が息づく町でもあります。

詳しくはこちら

瀬戸内町

瀬戸内町

奄美大島の南西端部と加計呂麻島・請島・与路島からなる瀬戸内町は、世界でも希有の美しい海底を誇り、色鮮やかなサンゴ礁や熱帯魚、空いっぱいに広がる満点の星空等を見ることができます。また、島唄や諸鈍シバヤなどの貴重な民族文化が伝承され、里村の風景やサンゴの石垣は「男はつらいよシーズ、寅次郎 紅の花」「ジャッジ~島の裁判官奮闘記」をはじめ、たくさんの映画やテレビの舞台にもなっています。

詳しくはこちら

奄美市

奄美市

奄美市は、鹿児島と沖縄のほぼ中間に位置する奄美大島にあり、亜熱帯海洋性気候の豊かな自然と、島唄や八月踊りなどの、独特の伝統文化を持つ市です。また「癒し・長寿・子宝」の島と形容され、自然のリズムに近い生活、豊かな人情が今も残っています。これを契機に奄美をより深く理解していただき、ぜひ一度ご来訪ください。島のゆったりとした時間と空間で、お待ちしています。

詳しくはこちら

屋久島町

屋久島町

屋久島町は、鹿児島県本土の南方60km に位置し、世界自然遺産の島・屋久島と美しい緑の火山島・口永良部島の2 つの島から構成されています。屋久島は、九州最高峰の宮之浦岳をはじめ、1000m 以上の山々が連なり、樹齢千年を超える屋久杉などの原生林や美しい海岸、川、滝などがあり、自然環境に恵まれています。また、口永良部島はひょうたんの形をした島で、全域が国立公園に指定されています。

詳しくはこちら

南種子町

南種子町

南種子町は、大隅諸島の一つである種子島の南端に位置し、気候は温暖で平均気温が約19 度。青い空と澄んだ海、豊かな自然に囲まれた、人情豊かな町です。1543 年、本島最南端の門倉岬に漂着
した船に乗っていたポルトガル人によって、鉄砲が伝えられたという歴史的な由来を持ちます。また、日本の科学の粋を集めた種子島宇宙センターがあり、歴史と未来が共存する町といえます。

詳しくはこちら

1 / 212

ページトップへ