釣り

与論町

与論町

鹿児島県の最南端、鹿児島県と沖縄県との県境にある与論島。与論町は、美しい自然を護り、独特の生活文化を育んできた一島一町の町です。与論島は琉球石灰岩の上に亜熱帯植物が茂り、真っ白なしぶきを浴びる珊瑚礁に囲まれ、山岳や河川のない平らな島です。 平均気温23 度と温暖な亜熱帯気候で、色鮮やかな花々が咲き乱れ、また島を囲む珊瑚礁の海は神秘に満ちあふれています。

詳しくはこちら

知名町

知名町

奄美群島にある沖永良部島の南西部に位置する知名町は、豊かな自然と琉球文化が色濃く残る、うるおいとやすらぎのあるまちです。農業が基幹産業で、サトウキビ、百合球根、葉たばこをはじめ、近年は施設園芸や花卉栽培も盛んに行われています。

詳しくはこちら

和泊町

和泊町

和泊町は、鹿児島市より南南西540km に浮かぶ沖永良部島の東北部に位置し、平均気温22℃の亜熱帯気候に属します。隆起さんご礁でおおわれた平坦な地形で、中央に古成層からなる越山があるのみで耕地に恵まれています。産業は、温暖な気候と恵まれた耕地を活かした農業が中心で、特に花卉栽培が盛んな町として知られており、農業生産額においても県下で上位に位置しています。

詳しくはこちら

伊仙町

伊仙町

徳之島の南に位置する伊仙町は、豊かな自然に恵まれ、平均気温21.5 度と四季を通じて温暖な島です。主な産業は農業で、さとうきびが基幹作物となっています。長寿世界一を2人も輩出するなど長寿の島として、また子宝の島として「健康長寿・子宝」を基本理念としたまちづくりを推進。誰もが行ってみたい・住んでみたいと思う、心の癒しが得られるもてなしの町をめざしています。

詳しくはこちら

天城町

天城町

徳之島の北西部にある天城町は、年間を通じて温暖です。この亜熱帯性気候をいかしたサトウキビ栽培を中心にバレイショ、マンゴー、パッションフルーツ等の果樹園芸が盛んです。また、トライアスロンin 徳之島大会でも知られ、別名「鉄人たちの島」ともいわれています。近年は、実業団(陸上競技、野球)の合宿で多くのスポーツ選手を迎えており、合宿地として定着しつつあります。

詳しくはこちら

徳之島町

徳之島町

奄美群島のほぼ中央に位置する徳之島は、多くの貴重な動植物が生息する生物多様性に恵まれた島です。島の東側にある徳之島町は、東を海岸線に西を森林に面し、豊かな自然に囲まれています。夏目踊り・むちたぼり等の集落行事が今に伝承され、また、学士村と呼ばれた「ヤンキチシキバン」の教育精神を背景に多くの先人たちが名を残してきました。文化・歴史・ひとの魅力あるまちです。

詳しくはこちら

龍郷町

龍郷町

国立公園に指定された龍郷町は、鹿児島県と沖縄県のほぼ中間である洋上に浮かぶ奄美大島本島の北部に位置し、東シナ海と太平洋に囲まれた町です。奄美の貴重な動植物を観察できる「奄美自然観察の森」をはじめとして、奄美固有の自然に恵まれています。また、伝統産業である大島紬発祥の地であることや、西郷隆盛が潜居生活を送った西郷南洲流謫跡などもあり、歴史と伝統文化が息づく町でもあります。

詳しくはこちら

瀬戸内町

瀬戸内町

奄美大島の南西端部と加計呂麻島・請島・与路島からなる瀬戸内町は、世界でも希有の美しい海底を誇り、色鮮やかなサンゴ礁や熱帯魚、空いっぱいに広がる満点の星空等を見ることができます。また、島唄や諸鈍シバヤなどの貴重な民族文化が伝承され、里村の風景やサンゴの石垣は「男はつらいよシーズ、寅次郎 紅の花」「ジャッジ~島の裁判官奮闘記」をはじめ、たくさんの映画やテレビの舞台にもなっています。

詳しくはこちら

宇検村

宇検村

奄美大島南西部に位置する宇検村には、海抜694m の「湯湾岳」があり、この頂から太平洋と東シナ海に浮かぶ島々が望めます。頂上一帯の国有林の一部は国定公園に指定され、学術上貴重な動植物が群生しています。また、集落は焼内湾の沿岸に沿って点在しており、その入り江は天然の良港として遠近海漁船の避難港になっています。年間を通じて温暖多雨で、台風も年2、3 回は来襲します。

詳しくはこちら

大和村

大和村

海岸線に点在した11 の集落からなる大和村には、環境省の奄美野生生物保護センターがあり、奄美の動植物の学習ができる村づくりに取り組んでいます。 主な産業は傾斜地を利用したスモモ(奄美プラム)、タンカン等の果樹栽培です。スモモの生産量は日本一。また、福元地区のタンカンは、盆地特有の大きな寒暖差のため、糖度が高く高品質で村の農業のエースとして期待されています。

詳しくはこちら

1 / 41234

ページトップへ