パラグライダー

喜界町

喜界町

「いちゃりば~、ひんにゃそ~で~(出会ったら、皆な兄弟という喜界島の方言)」人情味豊かな喜界町(島)は周囲約50 キロの平坦な島。年間約2 ミリずつ隆起していて、その隆起速度は世界でも類を見ない速さだといわれます。また、自然食ブームの中にあって在来の柑橘類も豊富で、生産量日本一の白ゴマも人気が沸騰。渡り蝶「アサギマダラ」の飛来地としても、国内外で有名です。

詳しくはこちら

龍郷町

龍郷町

国立公園に指定された龍郷町は、鹿児島県と沖縄県のほぼ中間である洋上に浮かぶ奄美大島本島の北部に位置し、東シナ海と太平洋に囲まれた町です。奄美の貴重な動植物を観察できる「奄美自然観察の森」をはじめとして、奄美固有の自然に恵まれています。また、伝統産業である大島紬発祥の地であることや、西郷隆盛が潜居生活を送った西郷南洲流謫跡などもあり、歴史と伝統文化が息づく町でもあります。

詳しくはこちら

奄美市

奄美市

奄美市は、鹿児島と沖縄のほぼ中間に位置する奄美大島にあり、亜熱帯海洋性気候の豊かな自然と、島唄や八月踊りなどの、独特の伝統文化を持つ市です。また「癒し・長寿・子宝」の島と形容され、自然のリズムに近い生活、豊かな人情が今も残っています。これを契機に奄美をより深く理解していただき、ぜひ一度ご来訪ください。島のゆったりとした時間と空間で、お待ちしています。

詳しくはこちら

西之表市

西之表市

古くは鉄砲伝来の島、近年では、宇宙ロケットの島、全国有数のサーフィンのメッカとしても知られる種子島は、昔はどこにでもあった農村風景、人情あふれる島人たちに囲まれ、安らぎを感じることができる島です。その種子島の北部に位置する西之表市は、種子島の物流・経済・行政の中心地。黒糖や全国ブランド「安納いも」の発祥の地で、農業を基盤に、観光・交流を推進しています。

詳しくはこちら

南大隅町

南大隅町

大隅半島の最南端に位置する南大隅町は、温暖な気候と三方を海に囲まれた風光明媚な景色や豊かな自然が残る町です。本土最南端「佐多岬」の再開発を観光の重点事項として進めながら、基幹産業である第一次産業にも力を入れ、中でも「育てる漁業」へ転換した「ねじめ黄金カンパチ」は県内外で高い評価を得ています。また、和牛や黒豚など付加価値の高い畜産・農業に取り組んでいます。

詳しくはこちら

志布志市

志布志市

志布志市は、藩政時代には京阪神地方および南西諸島との交易が盛んで「志布志千軒の町」と呼ばれるほど栄えました。 その港を中心に、病院や商店街、郊外ショッピングセンターも整備されており大変便利です。山あり、川あり、海ありの自然豊かなまちで、とくに志布志湾沿岸は景勝に恵まれ、マリンスポーツや魚釣りなどの海洋性レクリエーションの場として、観光需要が増大しています。

詳しくはこちら

湧水町

湧水町

鹿児島県の中央北部に位置する湧水町は、山麓には絶え間なく冷水が湧き出し、その中でも名水丸池湧水や竹中池湧水は透明度も高く、訪れる人を癒してくれます。九州縦貫自動車道栗野インターチェンジの設置で近隣の主要都市へのアクセスも良好になり、また、芸術家や芸術家のたまごたち(芸術大学の学生)の作品を町内主要箇所に設置する、「芸術がある町」づくりにも取り組んでいます。

詳しくはこちら

薩摩川内市

薩摩川内市

鹿児島県の北西部に位置する薩摩川内市は、市内を流れる一級河川「川内川」、ラムサール条約に登録されている「藺牟田池」、地形の変化の美しい「甑島」など、多種多様な自然環境を有しています。また、西郷隆盛も利用したと伝えられる高城温泉をはじめ、各地域の温泉も今なお、昔ながらの風合いを残しており、ゆったりとした時間と情緒を楽しむことができる土地です。

詳しくはこちら

南さつま市

南さつま市

本市は、薩摩半島の南西部に位置し、北は鹿児島市・日置市、東は枕崎市・南九州市に隣接し、南側及び西側は東シナ海に面した温暖多雨な土地です。海岸線の北西部は砂丘地帯、また、南西部は変化に富んだリアス式海岸が続き、国の名勝・坊津や坊野間県立自然公園などの景勝地となっています。毎年5月には、10万人以上が訪れる砂のイベント「吹上浜砂の祭典」が開催されています。

詳しくはこちら

1 / 11

ページトップへ