サーフィン

徳之島町

徳之島町

奄美群島のほぼ中央に位置する徳之島は、多くの貴重な動植物が生息する生物多様性に恵まれた島です。島の東側にある徳之島町は、東を海岸線に西を森林に面し、豊かな自然に囲まれています。夏目踊り・むちたぼり等の集落行事が今に伝承され、また、学士村と呼ばれた「ヤンキチシキバン」の教育精神を背景に多くの先人たちが名を残してきました。文化・歴史・ひとの魅力あるまちです。

詳しくはこちら

龍郷町

龍郷町

国立公園に指定された龍郷町は、鹿児島県と沖縄県のほぼ中間である洋上に浮かぶ奄美大島本島の北部に位置し、東シナ海と太平洋に囲まれた町です。奄美の貴重な動植物を観察できる「奄美自然観察の森」をはじめとして、奄美固有の自然に恵まれています。また、伝統産業である大島紬発祥の地であることや、西郷隆盛が潜居生活を送った西郷南洲流謫跡などもあり、歴史と伝統文化が息づく町でもあります。

詳しくはこちら

瀬戸内町

瀬戸内町

奄美大島の南西端部と加計呂麻島・請島・与路島からなる瀬戸内町は、世界でも希有の美しい海底を誇り、色鮮やかなサンゴ礁や熱帯魚、空いっぱいに広がる満点の星空等を見ることができます。また、島唄や諸鈍シバヤなどの貴重な民族文化が伝承され、里村の風景やサンゴの石垣は「男はつらいよシーズ、寅次郎 紅の花」「ジャッジ~島の裁判官奮闘記」をはじめ、たくさんの映画やテレビの舞台にもなっています。

詳しくはこちら

大和村

大和村

海岸線に点在した11 の集落からなる大和村には、環境省の奄美野生生物保護センターがあり、奄美の動植物の学習ができる村づくりに取り組んでいます。 主な産業は傾斜地を利用したスモモ(奄美プラム)、タンカン等の果樹栽培です。スモモの生産量は日本一。また、福元地区のタンカンは、盆地特有の大きな寒暖差のため、糖度が高く高品質で村の農業のエースとして期待されています。

詳しくはこちら

奄美市

奄美市

奄美市は、鹿児島と沖縄のほぼ中間に位置する奄美大島にあり、亜熱帯海洋性気候の豊かな自然と、島唄や八月踊りなどの、独特の伝統文化を持つ市です。また「癒し・長寿・子宝」の島と形容され、自然のリズムに近い生活、豊かな人情が今も残っています。これを契機に奄美をより深く理解していただき、ぜひ一度ご来訪ください。島のゆったりとした時間と空間で、お待ちしています。

詳しくはこちら

南種子町

南種子町

南種子町は、大隅諸島の一つである種子島の南端に位置し、気候は温暖で平均気温が約19 度。青い空と澄んだ海、豊かな自然に囲まれた、人情豊かな町です。1543 年、本島最南端の門倉岬に漂着
した船に乗っていたポルトガル人によって、鉄砲が伝えられたという歴史的な由来を持ちます。また、日本の科学の粋を集めた種子島宇宙センターがあり、歴史と未来が共存する町といえます。

詳しくはこちら

中種子町

中種子町

中種子町は、種子島の中央部に位置し、空の玄関「種子島空港」のある町です。エメラルドグリーンの海に囲まれ、町の西側にある全長12km の長浜海岸はウミガメの産卵地としても知られます。近年はマリンスポーツが盛んで、サーフィンやスキューバダイビングを楽しみに訪れる観光客も多く、特にサーフィンは年間を通じて行えるため全国でも有望なサーフィンのメッカとなっています。

詳しくはこちら

西之表市

西之表市

古くは鉄砲伝来の島、近年では、宇宙ロケットの島、全国有数のサーフィンのメッカとしても知られる種子島は、昔はどこにでもあった農村風景、人情あふれる島人たちに囲まれ、安らぎを感じることができる島です。その種子島の北部に位置する西之表市は、種子島の物流・経済・行政の中心地。黒糖や全国ブランド「安納いも」の発祥の地で、農業を基盤に、観光・交流を推進しています。

詳しくはこちら

志布志市

志布志市

志布志市は、藩政時代には京阪神地方および南西諸島との交易が盛んで「志布志千軒の町」と呼ばれるほど栄えました。 その港を中心に、病院や商店街、郊外ショッピングセンターも整備されており大変便利です。山あり、川あり、海ありの自然豊かなまちで、とくに志布志湾沿岸は景勝に恵まれ、マリンスポーツや魚釣りなどの海洋性レクリエーションの場として、観光需要が増大しています。

詳しくはこちら

薩摩川内市

薩摩川内市

鹿児島県の北西部に位置する薩摩川内市は、市内を流れる一級河川「川内川」、ラムサール条約に登録されている「藺牟田池」、地形の変化の美しい「甑島」など、多種多様な自然環境を有しています。また、西郷隆盛も利用したと伝えられる高城温泉をはじめ、各地域の温泉も今なお、昔ながらの風合いを残しており、ゆったりとした時間と情緒を楽しむことができる土地です。

詳しくはこちら

1 / 212

ページトップへ