天体観測

与論町

与論町

鹿児島県の最南端、鹿児島県と沖縄県との県境にある与論島。与論町は、美しい自然を護り、独特の生活文化を育んできた一島一町の町です。与論島は琉球石灰岩の上に亜熱帯植物が茂り、真っ白なしぶきを浴びる珊瑚礁に囲まれ、山岳や河川のない平らな島です。 平均気温23 度と温暖な亜熱帯気候で、色鮮やかな花々が咲き乱れ、また島を囲む珊瑚礁の海は神秘に満ちあふれています。

詳しくはこちら

伊仙町

伊仙町

徳之島の南に位置する伊仙町は、豊かな自然に恵まれ、平均気温21.5 度と四季を通じて温暖な島です。主な産業は農業で、さとうきびが基幹作物となっています。長寿世界一を2人も輩出するなど長寿の島として、また子宝の島として「健康長寿・子宝」を基本理念としたまちづくりを推進。誰もが行ってみたい・住んでみたいと思う、心の癒しが得られるもてなしの町をめざしています。

詳しくはこちら

天城町

天城町

徳之島の北西部にある天城町は、年間を通じて温暖です。この亜熱帯性気候をいかしたサトウキビ栽培を中心にバレイショ、マンゴー、パッションフルーツ等の果樹園芸が盛んです。また、トライアスロンin 徳之島大会でも知られ、別名「鉄人たちの島」ともいわれています。近年は、実業団(陸上競技、野球)の合宿で多くのスポーツ選手を迎えており、合宿地として定着しつつあります。

詳しくはこちら

喜界町

喜界町

「いちゃりば~、ひんにゃそ~で~(出会ったら、皆な兄弟という喜界島の方言)」人情味豊かな喜界町(島)は周囲約50 キロの平坦な島。年間約2 ミリずつ隆起していて、その隆起速度は世界でも類を見ない速さだといわれます。また、自然食ブームの中にあって在来の柑橘類も豊富で、生産量日本一の白ゴマも人気が沸騰。渡り蝶「アサギマダラ」の飛来地としても、国内外で有名です。

詳しくはこちら

大和村

大和村

海岸線に点在した11 の集落からなる大和村には、環境省の奄美野生生物保護センターがあり、奄美の動植物の学習ができる村づくりに取り組んでいます。 主な産業は傾斜地を利用したスモモ(奄美プラム)、タンカン等の果樹栽培です。スモモの生産量は日本一。また、福元地区のタンカンは、盆地特有の大きな寒暖差のため、糖度が高く高品質で村の農業のエースとして期待されています。

詳しくはこちら

奄美市

奄美市

奄美市は、鹿児島と沖縄のほぼ中間に位置する奄美大島にあり、亜熱帯海洋性気候の豊かな自然と、島唄や八月踊りなどの、独特の伝統文化を持つ市です。また「癒し・長寿・子宝」の島と形容され、自然のリズムに近い生活、豊かな人情が今も残っています。これを契機に奄美をより深く理解していただき、ぜひ一度ご来訪ください。島のゆったりとした時間と空間で、お待ちしています。

詳しくはこちら

屋久島町

屋久島町

屋久島町は、鹿児島県本土の南方60km に位置し、世界自然遺産の島・屋久島と美しい緑の火山島・口永良部島の2 つの島から構成されています。屋久島は、九州最高峰の宮之浦岳をはじめ、1000m 以上の山々が連なり、樹齢千年を超える屋久杉などの原生林や美しい海岸、川、滝などがあり、自然環境に恵まれています。また、口永良部島はひょうたんの形をした島で、全域が国立公園に指定されています。

詳しくはこちら

南種子町

南種子町

南種子町は、大隅諸島の一つである種子島の南端に位置し、気候は温暖で平均気温が約19 度。青い空と澄んだ海、豊かな自然に囲まれた、人情豊かな町です。1543 年、本島最南端の門倉岬に漂着
した船に乗っていたポルトガル人によって、鉄砲が伝えられたという歴史的な由来を持ちます。また、日本の科学の粋を集めた種子島宇宙センターがあり、歴史と未来が共存する町といえます。

詳しくはこちら

中種子町

中種子町

中種子町は、種子島の中央部に位置し、空の玄関「種子島空港」のある町です。エメラルドグリーンの海に囲まれ、町の西側にある全長12km の長浜海岸はウミガメの産卵地としても知られます。近年はマリンスポーツが盛んで、サーフィンやスキューバダイビングを楽しみに訪れる観光客も多く、特にサーフィンは年間を通じて行えるため全国でも有望なサーフィンのメッカとなっています。

詳しくはこちら

西之表市

西之表市

古くは鉄砲伝来の島、近年では、宇宙ロケットの島、全国有数のサーフィンのメッカとしても知られる種子島は、昔はどこにでもあった農村風景、人情あふれる島人たちに囲まれ、安らぎを感じることができる島です。その種子島の北部に位置する西之表市は、種子島の物流・経済・行政の中心地。黒糖や全国ブランド「安納いも」の発祥の地で、農業を基盤に、観光・交流を推進しています。

詳しくはこちら

1 / 212

ページトップへ