「かごしま」を知る

「かごしま」ってどこにあるの?

鹿児島県は、日本本土の西南部に位置し、総面積は約9,188平方キロメートルで全国第10位、2,643キロメートルの長い海岸線を持ち、太平洋と東シナ海に囲まれた南北約600キロメートルにわたる広大な県土を有しています。

本県総面積の約28%は、種子島、屋久島、奄美群島などの離島で、28の有人離島があります。
鹿児島県の一番南は「与論島」で、沖縄のすぐ上に位置しています。

 

「かごしま」って暖かいの?

年間の平均気温は全国2位の18.9℃と高く、暮らしやすい温暖な気候です。ただし、鹿児島県は南北約600kmと広範囲におよんでいるので、気候も他の県に比べ複雑で多岐にわたっています。

Clipboard01

 

「かごしま」の魅力って?

気軽に温泉が楽しめる!

HTdaijyokujyou20150221103058

鹿児島県内の主な温泉地はおよそ80箇所。温泉源線数は約2,700本で、大分に次いで全国で2番。あまり知られていませんが、実は日本屈指の温泉県です。 ほとんどの銭湯が天然の温泉を利用しているので、ぶらりと銭湯に立ち寄って疲れを癒やしています。(県民の多くの方は、車にお風呂道具を積んでいます。←鹿児島のあるあるです。)

温泉情報はこちら(鹿児島県公衆浴場業生活衛生同業組合HP)

おいしい食材がたくさん!

b033b9c180f01ac548eedf7b58f05356_l

さつまいも、さつまあげ、地鶏の刺身、キビナゴ、カツオ、かるかん、白熊…あげていくときりがありませんが、なんといっても、かごしまの「黒素材」。

かごしま黒豚、鹿児島黒牛、黒さつま鶏、クロマグロ、黒酢、黒糖など、鹿児島には「本物。」の素材が溢れています。そして、ご存じの方も多いかもしれませんが、鹿児島の醤油は甘い。
最初はびっくりするかもしれませんが、慣れると甘い醤油もおいしいですよ。

安心・安全!

医療機関が多くて安心!

一般病院数13.1件(人口10万人当たり・平成25年)で全国2位。

犯罪件数も少なくて安全!

刑法犯認知件数6.21件(人口千人当たり・平成24年度)で全国8位。

《番外編》奄美群島は「スギ花粉」が少ない!

奄美群島(奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島)には、スギ、ヒノキの面積の割合は極めて小さく、旧名瀬市で実施した花粉の実測調査(平成18年2月中旬~3月下旬)の結果、スギ、ヒノキの花粉の飛散は確認されませんでした。

短期滞在型モニタツアーの結果、参加者全員に花粉症の症状について何らかの改善がみられたようです。
一度奄美群島を訪れてみてはいかがでしょう。

 

鹿児島の魅力を以下の動画で紹介しています。是非ご覧ください。

 

「かごしま」の方言って?

かごしまの方言は、難解だと言われていますが、現在は「カライモ標準語」を話す方が多く、昔の言葉を話す方が少なくなってきています。
年配の方や地方のほうでは、まだ昔の言葉を話す方が多いので、移住した後に困らないように、かごしま弁や現在かごしまで使われている独特な方言をいくつかご紹介したいと思います。

「だからよ」

Aさん「今日も天気がいいね」Bさん「だからよ」のように、相手の言ったことに同意するときに使います。標準語では、「そうだね」と同じような意味です。

「だよ、だよ」「です、です」

鹿児島の人はなぜか2回いいます。「だよ、だよ」は、「そうだよ」。「です、です」は、「そうです」といった意味です。

「~け?」

「どうするのけ?」は、「どうしたらいいですか?」。「これ覚えられるけ?」は、「これ覚えられるかな?」のように、疑問のときに使われています。

「わっぜ」

標準語では、「とても」といった意味です。「わっぜ疲れた」は、「とても(すごい)疲れた」。「わっぜぇ~、大きか」は、「とっても大きい」といった意味です。

「てげてげ」

標準語では、「適当」といった意味です。「適当でいいよ」は、「てげてげで、よかが」のように使われています。

「なおす」

「このファイル、なおしといて」と言われたら、「ファイルを修理する」とかを想像するでしょうが、鹿児島では「片付ける」を意味します。

このように多くの方言がまだまだ残っておりますので、地元の方とお話して、徐々に覚えていってください。

 

桜島は大丈夫?

桜島には約4,600人が暮らしています(2015年1月現在)。そして、約60年間、桜島は1年も休むことなく爆発しています。
桜島、そして、鹿児島の人々にとって噴火や降灰は雨のようなに当たり前のもので、うまくつきあっていくためにいろんな工夫をしています。

鹿児島県も広大な県土を有するため、全市町村で降灰があるわけではありません。
桜島の降灰量観測調査については、県内62箇所で行っていますので、気になる方はこちらをご覧ください。

桜島の降灰量観測調査

火山灰って、どこに降るか事前に分かるの?

火山灰は風向きによって降る地域が決まるので、毎日、テレビの天気予報などの降灰予報をチェックして、自分の住んでいる地域への降灰を予測しています。
最近では、降灰の情報をメールで配信してくれるサービスもあります。

※桜島上空の風の影響で、夏場は薩摩半島側に、冬場は大隅半島側に降ることが多くなります。

 

降灰に備えて準備することは?

降灰の予報の内容によって、洗濯物を屋外に干すか、車をいつ洗うかなど決めています。降灰がひどい時には、傘、マスクなどがあると便利です。

 

灰が降ってきたらどうしたらいい?

火山灰が目に入った際には、こすらず水で洗い流しましょう。コンタクトレンズの人は目に入ると痛いので注意してください。花粉症用の眼鏡などがあると目に入りづらいです。

火山灰で服が汚れるのが気になる場合は、降り終わるまで屋根のあるところでやり過ごしましょう。通常は10分程度で降り終わります。ただ、道路に降り積もった火山灰が舞い上がります。

 

降った後の灰はどうなるの?

降灰量の多い一部自治体では、道路などは、路面清掃車(ロードスイーパー)などが処理してくれますが、宅地内は自分たちで清掃します。降灰袋(克灰袋)という黄色い袋に入れて、指定された場所にゴミと同じように出しています。

sakurajima

心配な方はこちらを一度ご覧ください。

さらに詳しく桜島の詳細を知りたい方はこちらをご覧ください。

ページトップへ