伊佐市

  • TOPICS
  • EVENT(移住関連)
  • EVENT(その他)

住みよさいちばん。

伊佐市は鹿児島県の最北端に位置し、熊本県水俣市、人吉市、宮崎県えびの市に接する県境のまちです。市の東南側には金鉱石・銀鉱石の鉱脈が広がっており、日本の金産出量の大半をここ菱刈鉱山が占めています。伊佐の焼酎は全国的に人気で「焼酎のふるさと」とも呼ばれ、また、こだわりの黒豚や、二年連続で食味コンクール日本一になった伊佐米をはじめ、美味しい魅力いっぱいです。

交通アクセス

マップ
空港からのアクセス
鹿児島空港から車で50分、空港連絡バスで1時間15分
自動車
JR新幹線新水俣駅から40分、鹿児島市内から1時間30分

MAP

相談窓口

伊佐PR課

電話
0995-29-4113
メール
isapr@city.isa.lg.jp
ウェブサイト
http://www.city.isa.kagoshima.jp/teiju/index.html

基本データ

  • くらし
  • 気候
  • 各種機関
  • 産業・特産
  • 観光
  • その他

伊佐市のくらし

子育て環境
予防接種の全額助成や児童発達支援、子育て全般に関する相談への対応など県内屈指の支援体制でサポートします。保育料の第3子以降無料化の制度があります。
医療環境
中核病院である県立北薩病院は小児科医3名が常駐し、在宅当番医・輪番制で休日・夜間の体制が確保され、救急搬送のためドクターヘリのヘリポートを有しています。
買物環境
スーパーやホームセンター、電気店など生鮮食品から日用雑貨・家電まで買い物ができます。地元商店街には肉・魚・菓子・酒・衣料品などの専門店があります。
交通環境
主な交通手段は自家用車です。市内の移動には、バスのほかに「のりあいタクシー」があり、高齢者にはタクシー料金の助成があります。

伊佐市の気候

気温
年間気温15.3度、年間最高気温21.6度、年間最低気温9.9度
平均年間降水量
年間降水量2572.9ミリメートル

伊佐市の各種機関

主な公共機関
伊佐市大口地区体育施設、伊佐市営プール、伊佐市菱刈地区体育施設、菱刈パークゴルフ場
管内の公共交通機関
民間路線バス
医療機関
病院:6、診療所:24、歯科診療所:9
教育機関
小学校:14、中学校:2、高校:3

伊佐市の産業・特産

主な産業
農業、畜産業、林業、商工業
主な特産品
伊佐米、芋焼酎、黒豚、豚味噌、金山ねぎ、焼酎を使った菓子

伊佐市の観光

曽木の滝

伊佐市
滝幅210m、高さ12mの壮大なスケールを誇り、「東洋のナイアガラ」と呼ばれる曽木の滝。一帯は自然公園となっており、桜や紅葉の季節には、イベントも開催されます。

曽木発電所遺構

伊佐市
明治42年に野口遵氏によって作られた水力発電施設です。現在では渇水期の5~9月頃に中世のヨーロッパの居城を思わせるレンガ造の建物が姿をあらわします。

忠元公園

伊佐市
千本桜で有名な忠元公園は、平成2年に「日本の桜名所百選」に選定されています。桜の見頃になると、2kmに及ぶ桜並木に約1000個の提灯が燈り、夜桜を楽しむ客でにぎわいます。

その他

人口
28,064人
面積
392.56平方キロメートル
インターネット接続環境
光回線対応(一部ADSL)

移住者に対する主な受入対策

移住支援活動団体

  • 移住者の声
  • 移住体験

おすすめライフスタイル

担当者から一言

伊佐市は「住みよさランキング2015」で鹿児島県1位を獲得しました。

ご当地キャラ

イーサキング

熊本、宮崎、鹿児島県内へのアクセスもよく、自然と歴史と美味しいものに囲まれた魅力あふれるまちです。公共交通機関はバスのみですが、自家用車をお持ちであれば熊本、宮崎、鹿児島県内を回るのにとても適した立地です。

ページトップへ