鹿屋市

  • TOPICS
  • EVENT(移住関連)
  • EVENT(その他)

ひと・まち・産業が躍動する「健康・交流都市 かのや」

鹿屋市は、錦江湾に面した美しい海岸線、壮大な高隈山系などの自然に恵まれ、鹿屋体育大学や県民健康プラザなどの健康・スポーツに関する機関・施設が集積しています。また、日本最大級規模の「かのやばら園」、吾平山上陵、輝北天球館などの多様な観光・文化資源を有し、基幹産業である第一次産業、中でも黒豚や黒毛和牛を中心とする畜産業は全国有数の質と産出額になっています。

交通アクセス

マップ
空港からのアクセス
鹿児島空港から空港連絡バスで約1時間40分
自動車
JR鹿児島中央駅から約1時間35分(鹿児島中央駅~鴨池港 バスで約20分、鴨池港~垂水港 フェリーで約35分、垂水港~鹿屋 バスで約40分)、鹿児島市内から約1時間15分(高速道路利用 鹿児島IC~鹿屋串良JCT)

MAP

相談窓口

市長公室 地域活力推進課

電話
0994-31-1147
メール
chiiki@e-kanoya.net
ウェブサイト
http://www.e-kanoya.net/htmbox/chiiki/ijyuu/

基本データ

  • くらし
  • 気候
  • 各種機関
  • 産業・特産
  • 観光
  • その他

鹿屋市のくらし

子育て環境
妊娠期からのメールマガジンによる情報提供や子育て広場の設置等により、子育て環境の充実に取り組んでいます。また、中学校卒業までの医療費を助成しています。
医療環境
市内には多くの医療施設があり、医療機関は整っています。また、夜間の内科・小児科の急病患者を治療するための「大隅広域夜間急病センター」を設置しています。
買物環境
中心市街地に市民交流センターがあり、センター内及び周辺に店舗があります。また、国道沿いにはショッピングセンター、各種店舗、飲食店などが集まっています。
交通環境
主な交通手段は自家用車となりますが、路線バスや市内巡回バスも運行しています。また、鹿児島空港、鹿児島中央駅への直行バスもあります。

鹿屋市の気候

気温
年間気温17.3度、年間最高気温22.4度、年間最低気温12.4度
平均年間降水量
年間降水量2351.1ミリメートル

鹿屋市の各種機関

主な公共機関
かのやグラウンドゴルフ場、鹿屋中央公園、霧島ヶ丘公園、平和公園串良平和アリーナ、武道館
管内の公共交通機関
路線バス(市街地巡回バス「かのやくるりんバス」、鹿児島中央駅-鹿屋間直行バス、鹿児島空港連絡バスを含む66系統)
医療機関
病院:17、診療所:72、歯科:49
教育機関
小学校:24、中学校:12、高校:6、大学:1

鹿屋市の産業・特産

主な産業
農業、畜産業
主な特産品
黒豚、黒牛、カンパチ、焼酎、うなぎの蒲焼、深蒸し茶

鹿屋市の観光

かのやばら園

鹿屋市
8haの広大な敷地に約50,000株のばらが植えられた日本最大級の規模を誇るばら園です。ばらの見ごろの春と秋にあわせて、「かのやばら祭り」を開催しています。

鹿屋航空基地史料館

鹿屋市
特攻隊員に関する貴重な資料だけでなく、小説「永遠の0」にも登場する「零式艦上戦闘機五二型」や、旧日本海軍創設期から第二次世界大戦、現在の海上自衛隊に関する貴重な資料を見学できる施設です。

荒平天神

鹿屋市
砂の参道が海に突き出た小高い岩場へと続く珍しい神社です。透明度の高い錦江湾の美しい景色や、対岸の開聞岳などを見渡せます。

その他

人口
103,091人
面積
448.33平方キロメートル
インターネット接続環境
光回線(一部)、ADSL、ISDN

移住者に対する主な受入対策

移住支援活動団体

  • 移住者の声
  • 移住体験

おすすめライフスタイル

担当者から一言

自然溢れる、ほどほどの田舎です。

都会にはない自然(海・山・川)があり、地どれの新鮮な食べ物を堪能しながら美味しい焼酎でだれやめ(晩酌)が進むよかところです。ある程度の利便性はあり、ほどほどの田舎というのが売りです。自家用車がないと行動範囲が限られるので車は必需品です。

ページトップへ