さつま町

  • TOPICS
  • EVENT(移住関連)
  • EVENT(その他)

ひと・自然 元気かがやく さつま町

さつま町は、鹿児島県の北西部に位置し、周囲を山々に囲まれた盆地です。南九州一の大河である川内川が貫流し、その流域に農地や市街地平野が広がっています。この恵まれた自然環境を生かした「ホタル舟」の運航や、町内24カ所の温泉などを楽しむことができます。日本一早く出荷する「超早掘り筍」や「薩摩西郷梅」、マンゴーなどの生産を中心とする農業の盛んなまちです。

交通アクセス

マップ
空港からのアクセス
鹿児島空港から車で約40分
自動車
鹿児島市内から車で約1時間、九州新幹線最寄り駅まで JR出水駅(40分)、JR川内駅(30分)

MAP

相談窓口

企業誘致対策室

電話
0996-53-1111
メール
shoko-yuuchi@satsuma-net.jp
ウェブサイト
http://www.satsuma-net.jp/yuchi/kurashi/machi/sumai/sesaku/shien.html

基本データ

  • くらし
  • 気候
  • 各種機関
  • 産業・特産
  • 観光
  • その他

さつま町のくらし

子育て環境
保育園や幼稚園は、待機児童がゼロとなっています。学童保育が実施されている小学校や各種部活動の盛んな中学校のほか、町内に高校が1校あります。
医療環境
医師会の運営する総合病院のほか、眼科、耳鼻科、歯科も多数開設されています。(産婦人科は車で約30分の隣市の医療機関を利用)
買物環境
町内にはショッピングセンター、スーパー、コンビニ、ホームセンターのほか、飲食店などが並ぶ商店街、地元で採れた野菜が購入できる直売所も多数あります。
交通環境
主な交通手段は、車となります。国道3線が町内で交差しているため、空港まで40分、鹿児島市まで1時間と県内主要地域等へのアクセスに優れています。

さつま町の気候

気温
年間気温16.5度、年間最高気温22.4度、年間最低気温11.5度
平均年間降水量
年間降水量2557.8ミリメートル

さつま町の各種機関

主な公共機関
県立北薩広域公園、かぐや姫グラウンド、宮之城総合体育館
管内の公共交通機関
<コミュニティバス>
○泊野医師会病院線○山崎医師会病院線○薩摩すこやかバス(金山コース、段・薬師コース)
<乗り合いタクシー>
○登尾線○柊野・紫尾線○佐志ニュータウン線○大俣線○上下大迫線○下湯田線○上狩宿・熊田線
医療機関
病院:6、診療所:16、歯科診療所:9、※医師会病院あります。
教育機関
幼稚園:2、保育園:12、小学校:14、中学校:4、高校:1

さつま町の産業・特産

主な産業
農業、畜産業、製造業、医療・福祉
主な特産品
早掘り筍、薩摩西郷梅、焼酎、マンゴー、トマト、薩摩切子

さつま町の観光

紫尾温泉

さつま町
紫尾神社の拝殿下から湧出する温泉は、別名「神の湯」とも呼ばれ、ぬるりとした肌ざわりが特長のアルカリ泉です。

川内川流域のホタル舟

さつま町
5月中旬から6月上旬に行われる期間限定イベントですが、遊覧船に乗車して川内川に乱舞する大量のホタルを楽しむことができます。(町内2か所で運行)

県立北薩広域公園

さつま町
公園内には広場や大型の木製アスレチック、足湯のほか温泉付きのバンガローも備えたキャンプ場もあり、気軽に自然と親しむことができます。

その他

人口
22,412人
面積
303.96平方キロメートル
インターネット接続環境
光回線(一部)、ADSL(町内全域)

移住者に対する主な受入対策

移住支援活動団体

  • 移住者の声
  • 移住体験

おすすめライフスタイル

担当者から一言

山や川に囲まれ、自然豊かな町です。

ご当地キャラ

さつまるちゃん

のびのびとした場所での生活を望む方や、温泉やゴルフなど余暇を楽しむスポットも充実しております。交通アクセスは良いですが、自家用車が必要です。

ページトップへ