瀬戸内町

  • TOPICS
  • EVENT(移住関連)
  • EVENT(その他)

唄と海でゆらう町 満天の星が降りそそぐ町

奄美大島の南西端部と加計呂麻島・請島・与路島からなる瀬戸内町は、世界でも希有の美しい海を誇り、色鮮やかなサンゴ礁や熱帯魚、空いっぱいに広がる満点の星空等を見ることができます。また、島唄や諸鈍シバヤなどの貴重な民俗文化が伝承され、里村の風景やサンゴの石垣はたくさんの映画やテレビの舞台にもなっており、多くのメディアを介して全国に発信されています。
さらに、島の周辺には、シーカヤックやダイビング、大物が釣れるポイントが多数存在するマリンレジャーに最適な場所です。

交通アクセス

マップ
飛行機
鹿児島空港~奄美空港(約1時間)、羽田空港~奄美空港(約2時間30分)、成田空港~奄美空港(約3時間)、伊丹空港~奄美空港(約1時間30分)、関西空港~奄美空港(2時間30分)、奄美空港より車で約1時間40分、バスで約2時間、鹿児島新港~名瀬新港(約11時間)、名瀬新港より車で約1時間

MAP

相談窓口

企画課

電話
0997-72-1112
メール
shinkou@town.setouchi.lg.jp
ウェブサイト
http://www.town.setouchi.lg.jp/kan/iju/index.html

基本データ

  • くらし
  • 気候
  • 各種機関
  • 産業・特産
  • 観光
  • その他

瀬戸内町のくらし

子育て環境
シマでは子供は宝もの。集落全体で子どもを見守り育てます。複式学級の校区もありますが、ご近所さんと一緒に目前に広がる大自然の中での子育てになります。また、にほんの里・加計呂麻留学制度(古仁屋小・中学校,阿木名小・中学校を除く校区に家族で転入する児童生徒に助成)、与路小・中学校留学里親制度(与路小・中学校に転入する児童生徒に助成)があります。
医療環境
総合病院をはじめ医療機関や介護・福祉施設があり、医療環境は整っています。また加計呂麻島・請島・与路島の離島における緊急時には救急艇を配備しており、ドクターヘリで奄美市の救急救命センターへ搬送も可能です。
買物環境
生鮮食品や日用雑貨等は町の中心市街地にあるスーパーやコンビニで十分そろいます。集落によっては昔ながらの小さな商店もありますが、大型の家具や専門品は奄美市に買いに行く事もあります。
交通環境
近隣市町村へはバスが運行していますが、主な交通手段は自家用車です。加計呂麻島ではフェリーの発着時間に合わせて、バスが運行しています。

瀬戸内町の気候

気温
年間平均気温22.3度、年間最高気温32.3度、年間最低気温7.2度
平均年間降水量
年間降水量2,406.5㎜

瀬戸内町の各種機関

主な公共機関
加計呂麻島体験交流館、清水運動公園、せとうち海の駅、図書館・郷土館
管内の公共交通機関
大島本島は、民間の乗り合いバスが運行
加計呂麻島においても民間のバスが町営フェリーの発着時間に応じて運行
医療機関
病院:2、診療所:4、歯科診療所:4※休日当番制を実施しております。、助産院:1
教育機関
小学校:12、中学校:8、高校:1

瀬戸内町の産業・特産

主な産業
農業、漁業、養殖業、畜産業
主な特産品
きび酢、うこんきび酢、たんかん、パッションフルーツ、黒糖製品

瀬戸内町の観光

加計呂麻島展示・体験交流館

瀬戸内町
国の重要無形民俗文化財「諸鈍シバヤ」や島の名所を紹介するシアタールームを備え、加計呂麻島の観光の中心となっています。

ホノホシ海岸

瀬戸内町
荒く打ち寄せる波に洗われた玉石が、波に合わせてコロコロと音を響かせます。

諸鈍デイゴ並木

瀬戸内町
5月下旬から6月上旬にかけて、濃い朱色の花が鮮やかに咲き誇ります。琉球交易で目印にされたとも言われます。

その他

人口
9,002人(H30.2月末現在)
面積
239.63平方キロメートル
インターネット接続環境
町内全域…ADSL、一部地域…光回線(フレッツ光)

移住支援策

移住支援活動団体

  • 移住者の声
  • 移住体験

おすすめライフスタイル

担当者から一言

伝統や古い民俗、そして自然が多く残る町で、ゆったり、のんびり暮らしてみませんか?

集落の行事や清掃活動等へは積極的に参加してほしいです。自家用車は必要です。(奄美は結構広いです。)移住する前に、何度か足を運んでいただくか、「移住体験住宅」を活用し、シマの雰囲気(人間関係等)を感じてもらうと移住しやすいと思います。

ページトップへ