垂水市

  • TOPICS
  • EVENT(移住関連)
  • EVENT(その他)

錦江湾と桜島を目の前に望む緑豊かな町

垂水市は、錦江湾と桜島を目の前に望む、緑豊かなところです。鹿児島市からはフェリーで約35分。美しい海岸沿いには大隅随一の海潟・垂水・浜平温泉があり、「道の駅たるみず『湯っ足り館』」は60mの足湯も備え、訪れる方々をやさしく迎えてくれます。また「猿ヶ城渓谷 森の駅たるみず」はオールシーズン対応型のコテージや活性化施設などを完備し、大自然とふれあえます。

交通アクセス

マップ
空港からのアクセス
鹿児島空港から車で1時間15分
自動車
鹿児島市内から約35分(鴨池垂水フェリー利用 鴨池港~垂水港)

MAP

相談窓口

企画政策課地域振興係

電話
0994-32-1143
メール
t_chiikishinkou@po.city.tarumizu.kagoshima.jp
ウェブサイト
http://www.city.tarumizu.lg.jp/hisho/kurashi/sangyo/teju/index.html

基本データ

  • くらし
  • 気候
  • 各種機関
  • 産業・特産
  • 観光
  • その他

垂水市のくらし

子育て環境
0歳から中学校卒業までの医療費(自己負担分)が無料となるよう助成しています。高校は、地元に公立高校があり、鹿児島市内、鹿屋市内等へも通学可能です。
医療環境
垂水中央病院を中心とした医療機関により24時間救急医療・休日当番医・在宅医療体制が整っています。また多くの介護・福祉施設との連携体制を構築しています。
買物環境
国道220号を中心に各種店舗があり、バスがない地域と中心地をつなぐ乗合タクシーも運行しています。また、近隣市へのアクセスも良く、買い物も便利です。
交通環境
垂水市は県都鹿児島市と海で向かい合い、空港のある霧島市、大隅半島の中心地である鹿屋市と隣接し、交通機関はバスや乗合タクシー、フェリーが運行しています。

垂水市の気候

気温
年間気温17.3度、年間最高気温22.4度、年間最低気温12.4度
平均年間降水量
年間降水量2351.1ミリメートル

垂水市の各種機関

主な公共機関
垂水市子育て支援センター、垂水市陸上競技場、垂水市体育館、垂水市立図書館、垂水市文化会館、垂水市市民館、キララドームたるみず
管内の公共交通機関
バス及び事前予約型乗合タクシー
医療機関
医科:10、歯科:7
教育機関
小学校:8、中学校:1、高校:1

垂水市の産業・特産

主な産業
漁業、農業
主な特産品
焼酎、飲む温泉水、養殖カンパチ「海の桜勘」、養殖ブリ

垂水市の観光

高峠つつじヶ丘公園

垂水市
高峠つつじヶ丘公園は、標高550メートルにある公園です。垂水市の北東に位置するこの峠一帯は、自生する「サタツツジ」が春になると全山を赤やピンクに染め、多くの花見客でにぎわいます。
公園の丘の頂上には、展望所があり、ここからは360度のパノラマが楽しめます。北には霧島連山、東に志布志湾、南に高隈の山々が続きます。そして眼下には錦江湾と桜島、薩摩半島が見渡せます。

猿ヶ城渓谷・森の駅たるみず

垂水市
猿ケ城渓谷は、県立自然公園とおおすみ自然休養林に指定されている「高隈連山」の麓に位置する自然豊かな渓谷です。清冽な水が流れ落ち、所々に花崗岩の奇岩・巨岩が連なっています。垂水市街地から車で約10分程度で行くことができることから、垂水市のプチ秘境と言われています。
また猿ケ城渓谷に隣接する「森の駅たるみず」は、この猿ヶ城渓谷を満喫するための拠点となっています。宿泊施設や、調理・加工室、会議室などが完備され、体験観光も楽しむことができます!

垂水千本イチョウ園

垂水市
「まるで映画のワンシーンのようだ」そんな表現で紹介されることもある「垂水千本イチョウ園」は、その名のとおり、千本のイチョウが植えられ、シーズンを迎えるとあたり一面は黄金色に染まる垂水市を代表する名所です。

その他

人口
15,643人
面積
162.12平方キロメートル
インターネット接続環境
光回線(一部)、ADSL、ISDN

移住者に対する主な受入対策

移住支援活動団体

  • 移住者の声
  • 移住体験

おすすめライフスタイル

担当者から一言

水清く 優しさわき出る温泉の町 垂水

温暖で暮らしやすく、海山の豊かな自然に囲まれた垂水市。県都鹿児島市と35 分のフェリーで結ばれるなど、大都市と隣り合うアクセスの良さも魅力です。垂水市には「振興会」があります。行政からの文書配布、ご
みステーションの管理、地域行事など、無くてはならないものですので、ぜひ振興会へのご入会をお願いいたします。

ページトップへ