屋久島町

  • TOPICS
  • EVENT(移住関連)
  • EVENT(その他)

現在記事はありません。

現在記事はありません。

現在記事はありません。

自然と人との共生をめざす町 屋久島町

屋久島町は、屋久島と口永良部島の2つの島から構成されています。屋久島は、日本の亜熱帯から冷温帯までの気候や植物が垂直に分布しており、世界に類のない特殊な自然環境を有している島で、豊かな自然資源が評価され、日本で初めて『世界自然遺産』に登録されました。更に『ラムサール登録湿地』や『ユネスコエコパーク』に登録されています。また、口永良部島は全域が『国立公園』に指定されており、薩南火山群島の中で最も大きな島です。活火山である新岳が今なお噴気をあげていて、温泉があるなど自然豊かな島です。

交通アクセス

マップ
飛行機
鹿児島空港~屋久島空港(約35分)、伊丹空港(大阪)~屋久島空港(約1時間50分)、福岡空港~屋久島空港(約1時間)
その他の交通機関
鹿児島本港~宮之浦港(高速船 約1時間45分、フェリー 約4時間)、鹿児島本港~安房港(高速船 約2時間)、宮之浦港~本村港(口永良部島 約1時間45分)

MAP

相談窓口

企画調整課

電話
0997-43-5900
メール
sinkou02@town.yakushima.lg.jp
ウェブサイト
ijyu@yakushima.kagoshima.jp

基本データ

  • くらし
  • 気候
  • 各種機関
  • 産業・特産
  • 観光
  • その他

屋久島町のくらし

子育て環境
豊かな自然の中でのびのびとした子育てができます。町内に保育園、幼稚園、小学校、中学校、高等学校があり、教育環境は充実しています。
医療環境
町内には、総合病院をはじめ、個人病院や町営診療所等があります。口永良部島では、出産にかかる旅費や宿泊費の一部補助があります。
買物環境
町内のほとんどの集落に個人商店があります。さらに、スーパーやドラッグストアがあり、日常生活用品には困りません。
交通環境
主な交通手段は自家用車ですが、路線バスやタクシーも利用できます。

屋久島町の気候

気温
年間気温19.4度、年間最高気温22.6度、年間最低気温16.3度
平均年間降水量
年間降水量4477.2ミリメートル

屋久島町の各種機関

主な公共機関
健康の森公園、健康の森公園陸上競技場、安房体育館、宮之浦総合グラウンド、宮之浦体育館、宮之浦野球場
管内の公共交通機関
民間の定期路線バス
医療機関
病院:1、診療所:8、歯科診療所:4、※救命救急病院があります。
教育機関
小学校:9、中学校:4、高校:1(このほか通信制の私立高校が1校あります。)

屋久島町の産業・特産

主な産業
農業、漁業、観光業
主な特産品
ぽんかん、たんかん、トビウオ、首折れサバ、屋久杉加工品、屋久とろ

屋久島町の観光

千尋の滝

屋久島町
島の南西部に位置する落差60mの滝です。滝左側の花崗岩盤は巨大で、まるで千人が手を結んだくらいの大きさということで「千尋の滝」と名付けられました。

黒味岳

屋久島町
標高1831m、宮之浦岳を望む大展望のパノラマが広がっています。6月初旬にはヤクシマシャクナゲが美しく、初夏から夏の頃は高山植物を楽しめます。

縄文杉

屋久島町
屋久島の中で最大級の老大木です。その樹齢は2,000年から7,200年まで諸説様々ですが、その存在感は見るものを圧倒します。

その他

人口
12,913人(平成27年国勢調査)
面積
540.48平方キロメートル
インターネット接続環境
ADSL、ISDN

移住支援策

移住支援活動団体

  • 移住者の声
  • 移住体験

おすすめライフスタイル

担当者から一言

山と海に囲まれた豊かな自然と多彩な地域文化が息づく町、屋久島町を故郷にしてみませんか。

住居は、余裕をもって探されたほうが良いです。住みたい場所にすぐには家が見つからない可能性があります。また、仕事についても都会と比べ求人の種類や数が少ないので、こちらも余裕をもって探されるほうが良いです。自家用車は必要です。

ページトップへ