大和村

  • TOPICS
  • EVENT(移住関連)
  • EVENT(その他)

現在記事はありません。

現在記事はありません。

現在記事はありません。

紺碧の海と深い緑の大自然に包まれる癒しの地「まほろばの郷」大和村

海岸線に点在した11 の集落からなる大和村には、環境省の奄美野生生物保護センターがあり、奄美の動植物の学習ができる村づくりに取り組んでいます。 主な産業は傾斜地を利用したスモモ(奄美プラム)、タンカン等の果樹栽培です。スモモの生産量は日本一。また、福元地区のタンカンは、盆地特有の大きな寒暖差のため、糖度が高く高品質で村の農業のエースとして期待されています。

交通アクセス

マップ
飛行機
鹿児島空港~奄美空港(約1時間)、奄美空港から車で1時間30分

MAP

相談窓口

総務企画課

電話
0997-57-2111
メール
somu@vill.yamato.lg.jp
ウェブサイト
https://www.vill.yamato.lg.jp/yamato01/update/55.asp

基本データ

  • くらし
  • 気候
  • 各種機関
  • 産業・特産
  • 観光
  • その他

大和村のくらし

子育て環境
0歳から中学校卒業までの医療費(自己負担分)を助成しています。村内に高校がないため、通学バス定期券代の全額を助成します。
医療環境
村内には、診療所が1つあり、内科・外科・歯科(週3回)・小児科の診療を行っておりますが、高度医療や入院が必要な場合は、近隣市の医療機関を利用しています。
買物環境
村内の商店で買い物はできますが、小規模経営の店舗がほとんどで、自家用車で近隣市のスーパー等を利用することが多い状況です。
交通環境
主な交通手段は自家用車となり、その他に近隣市町村へはバスをご利用いただけます。

大和村の気候

気温
年間気温21.6度、年間最高気温24.8度、年間最低気温18.8度
平均年間降水量
年間降水量2837.7ミリメートル

大和村の各種機関

主な公共機関
大和村野生生物保護センター、キャンプ施設
管内の公共交通機関
民間定期バス、8便
医療機関
診療所:1
※村直営診療所があります。
教育機関
小学校:5 、中学校:1

大和村の産業・特産

主な産業
農業、建設業
主な特産品
スモモ(奄美プラム)、タンカン

大和村の観光

国定公園宮古崎

大和村
国直集落から徒歩で約20分ほど歩いた位置にあり、東シナ海を一望できます。岬一帯には、リュウキユウササが群生しており、通称「ササント」と呼ばれています。

国直海岸

大和村
奄美市から車で約30分、大和村の最初の集落で砂浜はサンゴ砂利の広がった美しい海岸。夏は夕日が海に沈むのがとても魅力的で、海水浴やキャンプを楽しむ家族連れが多い場所です。

奄美フォレストポリス(マテリヤの滝)

大和村
奄美大島の最高峰「湯湾岳」の麓に広がり,森に囲まれた森林浴公園です。公園内には,旅人が山越えの途中で足を休め,疲れを癒やしてきたマテリヤの滝があります。滝の上には空が広がり,滝壺は,太陽の光で美しく照り輝いていてなんとも神秘的です。

その他

人口
1,650人
面積
88.26平方キロメートル
インターネット接続環境
ADSL高速インターネット

移住者に対する主な受入対策

移住支援活動団体

  • 移住者の声
  • 移住体験

おすすめライフスタイル

担当者から一言

「とことん田舎暮らし」も「都会の利便性」も求めることができます。

田舎ですので、良くも悪くも集落のコミュニティ力が強いところです。地域行事に積極的に参加すると驚くほどスムーズに集落になじむことができますので、思い切って飛び込んでみると面白いですよ。いろんなことがつながってきます。移住先を決める前に一度見に来てみませんか。

ページトップへ