与論町

  • TOPICS
  • EVENT(移住関連)
  • EVENT(その他)

現在記事はありません。

現在記事はありません。

現在記事はありません。

見て、感じて、知る。ありのままの与論島。

鹿児島県の最南端、鹿児島県と沖縄県との県境にある与論島。与論町は、美しい自然を護り、独特の生活文化を育んできた一島一町の町です。与論島は琉球石灰岩の上に亜熱帯植物が茂り、真っ白なしぶきを浴びる珊瑚礁に囲まれ、山岳や河川のない平らな島です。 平均気温23 度と温暖な亜熱帯気候で、色鮮やかな花々が咲き乱れ、また島を囲む珊瑚礁の海は神秘に満ちあふれています。

交通アクセス

マップ
飛行機
鹿児島空港~与論空港(1時間20分)、那覇空港~与論空港(40分)、与論空港から車で5分
その他の交通機関
鹿児島新港~供利港(20時間)、那覇港~供利港(5時間)、供利港から車で5分

MAP

相談窓口

総務企画課

電話
0997-97-3111
メール
kikaku@yoron.jp
ウェブサイト
http://www.yoron.jp/

基本データ

  • くらし
  • 気候
  • 各種機関
  • 産業・特産
  • 観光
  • その他

与論町のくらし

子育て環境
地域ぐるみの子育て環境があり、4つの認定こども園に待機児童はありません。島外出産助成や子育て支援金制度もあります。
医療環境
内科・外科・整形外科・小児科・歯科があります。その他の診療科は月に2~4日程度の特別診療を受診しており、大きな手術は島外の医療機関にかかります。
買物環境
スーパーマーケット、ホームセンター、薬局、電気屋などがあり、生活に必要なものは島内で調達できます。通信販売の利用も多いです。
交通環境
鹿児島間と沖縄間のフェリー・飛行機は毎日1便、奄美大島と沖永良部島までの飛行機は隔日で運行しています。島内は循環バスとタクシーが運行しています。

与論町の気候

気温
年間気温22.8度、年間最高気温25.3度、年間最低気温20.6度
平均年間降水量
年間降水量1740.9ミリメートル

与論町の各種機関

主な公共機関
砂美地来館(町総合体育館)、B&Gプール(温水)、中央公民館(公民館教室)
管内の公共交通機関
民間のコミュニティバスが1日10便運行しています。
医療機関
病院:1、診療所:2、歯科診療所:1
教育機関
小学校:3、中学校:1、高校:1

与論町の産業・特産

主な産業
農業、漁業、畜産業、観光業、建設業
主な特産品
黒糖焼酎、ゆんぬあーどぅる焼、黒糖、貝細工、もずくそば、きび酢

与論町の観光

百合ヶ浜・大金久海岸・キャンプ場

与論町
約2kmにわたり白い砂浜が続き、大潮の干潮時に出現する百合ヶ浜は、絶景の一言。町営のキャンプ場も整備されており、島一番の観光エリアです。

サザンクロスセンター・与論城跡・ゆんぬ体験館・琴平神社

与論町
与論の歴史、文化、自然が詰まった資料館や、島工芸の体験館があります。高台からは沖縄北部や近隣の島々も見渡せます。伝統芸能「与論一五夜踊り」が行われる神聖な地でもあります。

ヨロン民俗村

昔の民家や民具をそのまま残す屋外民俗資料館。島の暮らしと文化を深く知ることができます。芭蕉布織りなどの体験教室も行なっています。

その他

人口
5,388人
面積
20.58平方キロメートル
インターネット接続環境
光回線、ADSL(一部)、ISDN

移住者に対する主な受入対策

移住支援活動団体

  • 移住者の声
  • 移住体験

おすすめライフスタイル

担当者から一言

百聞は一見にしかず。一度お越しください!ありのままのヨロンを体験されるのが一番です!

移住される前に考えていただきたいこと(地元の方との交流・行事への参加・島外への交通の便・自家用車の必要性・台風への心構え・医療機関)

ページトップへ