南さつま市

  • TOPICS
  • EVENT(移住関連)
  • EVENT(その他)

あなたの夢を全力で応援します!!

本市は、薩摩半島の南西部に位置し、北は鹿児島市・日置市、東は枕崎市・南九州市に隣接し、南側及び西側は東シナ海に面した温暖多雨な土地です。海岸線の北西部は砂丘地帯、また、南西部は変化に富んだリアス式海岸が続き、国の名勝・坊津や坊野間県立自然公園などの景勝地となっています。毎年5月には、10万人以上が訪れる砂のイベント「吹上浜砂の祭典」が開催されています。

交通アクセス

マップ
空港からのアクセス
鹿児島空港から空港連絡バスで1時間15分
自動車
鹿児島市内から車で50分、路線バスで1時間30分

MAP

相談窓口

企画政策課 協働推進係

電話
0993-53-2111
メール
kikaku9@city.minamisatsuma.lg.jp
ウェブサイト
http://www.city.minamisatsuma.lg.jp/shimin/sumai-tochi/iju-teiju/

基本データ

  • くらし
  • 気候
  • 各種機関
  • 産業・特産
  • 観光
  • その他

南さつま市のくらし

子育て環境
0歳児から中学校までの医療費(自己負担分)を助成しているほか、保育園・幼稚園の数も充実し、学童保育など、様々な子育て支援サービスを提供しています。
医療環境
病院、一般・歯科診療所に産科・小児科を含め各診療科があり、急性期から在宅等療養までの体制や、二次三次救急医療施設への短時間救急搬送も整備されています。
買物環境
中心市街地には大型店舗や小規模店舗が多数あり、日常的な買い物には困りません。近隣地域は、小規模経営の店舗がほとんどで、自家用車の利用が必要です。
交通環境
主な交通手段は車となりますが、市内・市外への移動には、コミュニティバス(一部地域は予約型タクシー)や路線バスをご利用いただけます。

南さつま市の気候

気温
年間気温17.7度、年間最高気温22.4度、年間最低気温13.3度
平均年間降水量
年間降水量2283.8ミリメートル

南さつま市の各種機関

主な公共機関
南さつま海道八景、砂丘の杜きんぽう、焼酎づくり伝承展示館、笠沙恵比寿、万世特攻平和祈念館、杜氏の里、坊津歴史資料センター「輝津館」、県立吹上浜海浜公園
管内の公共交通機関
路線バス(鹿児島市など市外への移動)、コミュニティバス(市内の移動)、デマンドタクシー(市内の一部地域の移動)
医療機関
病院:7、一般診療所:40、歯科診療所:15
教育機関
小学校:12、中学校:4、小中一貫校:1、高校:3

南さつま市の産業・特産

主な産業
医療・福祉、卸売・小売業、製造業
主な特産品
加世田かぼちゃ、砂丘らっきょう、きんかん、双剣鯖、タカエビ

南さつま市の観光

南さつま海道八景

国道226号沿線から眺望できる雄大な自然景観や文化遺産など、南さつま市の代表的な八つの景観。毎年開催されるサイクリング大会「ツール・ド・南さつま」では、この南さつま海道八景を駆け抜けるコースもある。

鹿児島県立吹上浜海浜公園

日本三大砂丘のひとつである吹上浜の広大な敷地を利用した公園。一年を通して季節の花が咲き誇る広場のほか、レンタルサイクルやキャンプ場、プールなどの施設がある。隣接するサンセットブリッジでは、東シナ海に沈む美しい夕日を眺めることができる。

万世特攻平和祈念館

本土防衛、沖縄決戦の陸軍航空基地として4か月間だけ使用された「幻の特攻基地」の万世飛行場跡地に作られた祈念館。当時の遺品や関係資料が数多く展示されている。戦後70周年となる2015年は、鹿屋航空基地史料館や知覧特攻平和会館と連携したスタンプラリーやバスツアーなどが行われる。

その他

人口
36,154人
面積
283.59平方キロメートル
インターネット接続環境
光回線、ADSL

移住者に対する主な受入対策

移住支援活動団体

  • 移住者の声
  • 移住体験

おすすめライフスタイル

担当者から一言

南さつま市は、安心・安全な住みよいまちで、健康元気都市!

ご当地キャラ

サンディーくん

南さつま市は、安心・安全な住みよいまちだから、健康元気都市だから、AKB(あかるく・かわいい・ばあちゃん)がたくさんいます!AKJ(あかるく・かっこいい・じいちゃん)がとっても元気です!公共交通機関がバスしかないため、バスの運行時刻以外に移動される際には、自家用車が必須となります。また、移住をし、定住するためには、地域の行事への参加など、地域の方々とのお付き合いが重要となります。

ページトップへ